Q&A

レッスンの参加について

Q 

ヨガレッスンには、何を持参すればよろしいですか

A  

・動きやすい服装

・水分補給できるもの(ペットボトルなど)

・タオル(大・小あると便利)

をお持ちください

 

髪の長い方は、髪を結わくゴムやクリップ等をお持ち頂くとポーズを行う上で快適です。

 

 

Q 

どのような服装が良いですか

A 

“体を締め付けない、動きやすい服装”が適切です。

おしゃれで機能的な“ヨガウェア”を楽しむのもいいですね。

 

足元は素足もしくは、5本指の靴下がおすすめです。

安全上、又、身体の気の流れを良くする為にも、時計やアクセサリーは外します。

 

 

Q 

ヨガをする時の飲み物は、どのようなものが良いですか

A 

ミネラルウォーターか、飲みやすいスポーツドリンクがおすすめです。

 

体内の水分を外に出す働き(利尿作用)があり

瞑想状態を妨げることがある“カフェイン”を含むものは避けた方が良いでしょう。

 


ヨガについて

Q 

週に何回位、ヨガをすればよいですか?

A 

ヨガは、体の過度な負担がなければ毎日行って良い健康法です。

ご自身の生活のリズムに合わせて“続けやすい環境づくり”をし実践を続けましょう。

 

 

Q 

ヨガポーズ中の呼吸は、“鼻呼吸”をしなくてはいけませんか?

A 

ヨガポーズを行う際、基本は“鼻呼吸”が良いとされています。

 

鼻から吸って鼻から吐く呼吸は

①温度の調整作用 ②加湿作用 ③ほこりや細菌を防ぐフィルター作用 があります。

 

練習を重ねる事で鼻呼吸にも慣れますが、違和感があれば口での呼吸を伴った自然な呼吸で行いましょう。

 

 

Q 

関節障害(四十肩・変形性膝関節症など)があっても、参加できますか?

A 

整形外科的な症状や、何らかの疾病、怪我があれば、まずは担当医師に相談されることをおすすめします。

 担当医の運動許可がある状態でしたら 参加をおすすめします。

 

基本的に痛みがある部位は過度に動かさず、痛みを感じるポーズはお休みしたり、出来る範囲で行いましょう。

 

 

Q 

“月経時のヨガ”で気を付けることはありますか?

A 

自分に快適な強度でポーズを行いムリをしないようにしましょう。

 

身体の“逆転”により心臓より子宮の位置が高くなるポーズは

経血の逆流を招いてしまう可能性があり、子宮の負担を考えると控えた方が良いです。

 

強く左右に体を捻じり、子宮を圧迫するような動きも避けましょう。

 

適度な“上体の前屈”や骨盤内の血流を穏やかに促進する“骨盤を開く

緩める”ポーズは、月経痛の緩和にも良いと言われています。

 

 

Q 

完成の形までできない、ヨガポーズがあります。

続けていれば、いつかできるようになりますか?

A 

完成の形まで“できる”かもしれないし“できない”かもしれません。

 

柔軟性の向上や、関節・筋肉が強くなった結果、ヨガのポーズができるようになる喜びは大きいです。

 

しかし、本来のヨガの目的は心身の調和、健康ということを忘れずに実践しましょう。

 

完成の形までポーズが進めなくても、対象の組織(骨・筋肉・腱・内臓・神経など)に

刺激が伝わることで得られる効果が大切です。

 

 

Q 

レッスン前の食事で気を付けることはありますか?

A 

食後すぐの満腹時は避け、お食事を摂った後2時間は空けて行いましょう。

 

 

Q 

瞑想とは、なんですか?

A 

シンプルな言葉で言えば“心を何もない空っぽの状態にする近づけるためのトレーニング方法”

自身の心と向き合い、リセットすることで自由で安らかな感覚を得ることができます。

 

 

Q 

瞑想にはどのような効果がありますか?

A 

心のリセットによって、物事のとらえ方が前向きになり、毎日が一層より幸せに感じられる方が多いです。

集中力が高まることで、家事や仕事など日常生活の効率向上なども期待できます。


柔軟性(体の柔らかさ)について

Q 

体が硬くてもヨガはできますか?

A 

体が硬い方も、ヨガをすることができます。

 

また、「体が硬いほど、効果を実感しやすい」とも言われています。

 

ポーズをした時最初に感じる関節や筋肉の痛みも、やがて心地よい痛み(快痛)や

気持ちの良さに変化していきます。

変化を楽しみながら、少しずつヨガや体の使い方に慣れていきましょう。

 

もともと、ヨガは柔軟性や形を追求することが全てではなく、様々な手法も用いて、心身に奥深く働きかけていくもの。

自分自身との対話を大切に、長い目でみて、楽しんでいきましょう。

 

 

 

Q 

柔軟性は、なぜ人それぞれ違うのですか?

A 

柔軟性を制限する要因について 

骨の構造、性差、筋肉量、過剰な脂肪や、関節・結合組織の状態(身体障害や、怪我も含む)などが挙げられます。

 

また、動きに関わる関節の種類やヨガをする環境、現在のコンディションにより、柔軟性の構造上の限度がでてきます。

 

筋肉の弛緩・収縮能力が可動域(体を動かせる範囲)を決める大きな要因です。

 

 

発達して重すぎる筋肉や過剰な脂肪も、柔軟性を妨げる要因になります。

 

一般的に、加齢により柔軟性は低下すると言われていますが

高齢の方でもストレッチやヨガを継続することで体が柔らかくなる方が多いです。

 

 

 

Q 

柔軟性を効率よく高めるには、どうしたらいいですか?

A 

柔軟性を高めるポイントは

 

・体を温める

運動後に静的なストレッチやヨガポーズを実施

動的なヨガの後にじっくり筋肉を伸ばす

入浴後にストレッチやポーズを行うなど

 

通常の体温より2度ほど高いと、柔軟性は上がりやすいと言われています

 

・伸長(体を伸ばす)時間

ACSM(アメリカスポーツ医学会)の研究では

静止した状態でう30秒以上伸ばすと効果的と示されています

 

・呼吸を効果的に使う 

基本的には息を吐きながら筋肉を伸ばします

ポーズの形によって、呼吸の仕方や意識を変え、さらに効果的に呼吸を活用することがあります

 

・水分補給

“食を通じて水分を取り入れることが、柔軟性を高めるための重要な要因である”

という資料もあり、より多くの水分補給が関節の可動性を高めると言われています

 

 ・拮抗筋(相対している筋肉)を意識的に縮める

例えば、太ももの裏(ハムストリングス)を伸ばしたい時に、太ももの前(大腿四頭筋)に力を入れる

そうすると、太もも前の筋肉は縮まり裏側の筋肉は伸びやすくなります 

※柔軟性を高める具体的な方法は、レッスンにてお伝えしております


 その他

Q 

一戸先生は、どのようなヨガの指導をしていますか?

A 

主に、呼吸法、体位法(ヨガポーズ)瞑想法を主とした、ハタヨガを指導しています

 

現在の指導は「シャンティビージャヨガスタジオ」での

パーソナルヨガレッスン&トレーニング・グループアロマヨガレッスンが主です。

 

 

自身の練習では、伝統的なハタヨガを中心に「アイアンガーヨガ」「アシュタンガヨガ」

「シヴァナンダヨガ」など、流派や系統問わず、幅広く学び実践してきました。

 

交通事故の怪我からの回復の過程を経て、リハビリテーションや機能改善のヨガも学び実践しています。

 

 

又、様々な世代、体調に合わせたヨガ指導ができるよう

 様々な流派のヨガやボディワーク(整体・リフレクソロジーなど)漢方などを学び、レッスン構成に役立ています。

 

 

Q 

レッスンやサークルは、一人での参加も可能ですか?

A 

最初は、お1人で参加される方がほとんどです。

シャンティビージャレッスンは少人数で行っており、“輪・和”を大切にしている穏やかな方ばかりです。

きっと、素敵なヨガ仲間ができます。安心してご参加ください。